キャベツなどの野菜は、賞味期限が書かれていないので、どのくらい保存できるものなのか迷いますよね。

1玉で買った方がお得な気がしますが、使いきるのは難しいので、どれくらい保存できるか知っていると便利です。

キャベツの賞味期限は、ちょっとした処理の仕方や、保存方法の仕方で変わってきます。

そんなキャベツの賞味期限や保存方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

キャベツの賞味期限は?

キャベツの賞味期限の目安は、2週間くらいです。

でも、保存方法など条件によっては、長くて1カ月保存できます。

保存しておいたとき、これは食べられるのかな。
と迷う時がありますよね。

例えば、1/2などにカットして置いておくと、切り口が黒ずんできますが、そこを切り削げば食べられます。

しかし、溶けたようにドロッとなっている場合は、雑菌が繁殖している可能性があります。

そして酸っぱい臭いがしていたら、腐敗が進んでいますので、これらの場合は食べないようにしましょう。

 

では、具体的に賞味期限をみていきましょう。

スポンサーリンク

1玉とカットで賞味期限が変わる?

1玉丸ごとの場合と、カットした場合とでは、賞味期限が変わってきます。

空気に触れる面積が増えるほど、日持ちしなくなります。

<キャベツ1玉の賞味期限>

2週間~1ヶ月が目安です。

 

1枚ずつ使う分だけ剥がして使うのがポイントです!
<キャベツを1/2にカットした場合の賞味期限>

1週間が目安です

 

表面は乾燥や変色しやすいので、少し切り落として使うのが良いです。
<千切りキャベツにした場合>

2日以内が目安です。

劣化しやすくなるので早めに食べましょう。

 

スポンサーリンク

保存方法も複数可能?

では、長持ちさせるための保存方法を見てみましょう。

1玉丸ごとの場合

  1. お弁当用のピックを3本用意します
    (爪楊枝でも良いですが、刺さりにくいです)
  2. キャベツの芯に、3か所ピックを突き刺す(三角の形に、深めに刺す)
  3. ビニール袋にいれて軽く閉じて、空気が入るようにしておく
  4. キャベツの芯を下にして冷蔵庫で保存

<お弁当用のピックがない場合>
芯の部分に包丁で十字に切り込みを入れておくだけでも良いです。
あとは、ビニール袋に入れて同じように冷蔵庫で保存しておきます。

<長持ちする理由>
キャベツの茎の部分には、生長点と呼ばれる細胞があります。

その細胞は収穫後も、キャベツの栄養分を吸い取って生長し続ける為、劣化していきます。

お弁当用のピックを3か所刺すことで、効率良く細胞の活動を弱らせ、成長を止めることで長く保存できるのです。

1/2や1/4にカットされた場合

1玉丸ごとの場合と同じように、
芯の部分に2本お弁当用のピックを刺して、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存

<芯を切り落とした場合>

湿らせた新聞紙で包み、ポリ袋に入れて、冷蔵庫で保存すると良いです。

 

 

千切りした場合

 

  1. ボウルかタッパーに、千切りしたキャベツを入れ、水をひたひたに入れる
  2. ラップか蓋をして、冷蔵庫で保存
  3. 水は毎日変える

※栄養が少しづつ流れ出てしまうので、早めに食べましょう。

 

切って生のまま冷凍保存

2週間くらいが保存の目安です。

  1. キャベツをあらかじめせん切りか、ざく切りにする
  2. 水につけてしっかりと水分を含ませる
  3. ザルに上げ、水分をよく切りる。
  4. 冷凍用の保存袋にいれて、空気を抜いて冷凍庫で保存

<ポイント>
シャキシャキ感は減少しているので、スープやあえ物に向いています。

スープに使う場合は、解凍せずに凍ったまま調理してください。短時間で火が通ります。
コールスローや餃子の具に使う場合は、冷蔵庫でゆっくり解凍してください。

 

切って茹でてから冷凍保存

茹でて冷凍すると、1ヶ月くらい保存できます。

  1. ざく切りにしたキャベツを熱湯で10秒ほど茹でる
  2. 冷水にひたし、キッチンペーパでしっかり水分を取る
  3. 小分けにしてラップに包む
  4. 保存袋に入れて空気を抜いて冷凍庫で保存する

<ポイント>

調理や解凍の仕方は、生で冷凍した際と同じです。
茹でて冷凍した方が、キャベツの酵素の働きが休止し、ビタミンの流出を阻止する事ができます。

 

 

スポンサーリンク

キャベツの賞味期限まとめ

キャベツは切り口から水分が逃げてしまいますので、買う時は一玉がおススメです。

1玉買うと使い切るのに日数がかかりますよね。

でも、使う時は1枚ずつ剥がしながら使い、保存の仕方に少し工夫をするだけで、1ヶ月くらいは保存できます。

常備しておくと何かと便利なキャベツの保存法を、是非参考にしてみてください。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

その他の野菜の賞味期限に関する記事もぜひ、ご参照くださいませ(^ ^)
>> もやしの賞味期限をちゃんと知ってますか?
>> サラダの賞味期限を把握して食の安全をこの際一緒に学ばないか?
>> ネギの賞味期限は一体いつなの?
>> 玉ねぎの賞味期限は見た目でも分かるのか?
 

ピックアップ関連コンテンツ