スポンサーリンク


県内でも比較的規模の大きい相模原花火大会は、県内外の多くの人々に親しまれています。

高田橋の上流から約8,000発の花火が打ち上がり、特に有料席から見る花火は他では体験したことがない大迫力の花火と評判です。

夏の終わりの夜空に打ち上げられる臨場感あふれる花火をより楽しむために、相模原花火大会に関する情報をどこよりも詳しくご紹介していきます。

4

スポンサーリンク


相模原納涼花火大会2018 基本情報

◆花火大会:第47回相模原納涼花火大会

◆開催日時:2018年8月25日(土) 19:00~20:15(開会式18:45~)

※小雨決行(荒天時、または相模川の増水時は翌日の26日(日)に順延とし、26日も開催できない場合は中止とし再順延は致しません。

◆打ち上げ場所: https://goo.gl/maps/vGGVPbCGs5k

◆会場:相模原市中央区水郷田名 相模川高田橋上流河畔

◆有料席:シングルチケット(1人分):2,500円

セットチケット(2人分):10,000円

◆電車でのアクセス

JR横浜線「相模原駅(南口)」より路線バス
「水郷田名」行きバス(相17系統田名バスターミナル経由終点「水郷田名」下車、徒歩5分
※1時間に2本程度
JR横浜線「淵野辺駅(南口)」より路線バス
 「田名バスターミナル」行きバス(淵53系統上溝経由)終点「田名バスターミナル」下車、徒歩15分
※ 1時間に2本程度
JR横浜線「橋本駅(南口)」より路線バス
①「田名バスターミナル」行きバス(橋57系統榎戸経由) (1時間に3本程度) 終点「田名バスターミナル」下車、徒歩15分
※1時間に3本程度
②「田名バスターミナル」行きバス(橋59系統葛輪経由) 終点「田名バスターミナル」下車、徒歩15分
※1時間に1本程度 
JR相模線「上溝駅」より路線バス
「田名バスターミナル」行きバス(淵53系統)  終点「田名バスターミナル」下車、徒歩15分
※1時間に2本程度

◆電車でのアクセス

  • 東名高速厚木ICから35分(混雑時は2時間ほど渋滞)
  • さがみ縦貫道相模原愛川ICから車で30分(混雑時は2時間ほど渋滞)

◆打ち上げ数:約8000発

◆来場者数:約20万人

◆駐車場:河川敷を駐車場として開放。(2,500台駐車可能)
※当日は駐車場管理協力金として車両1台につき、1,000円のご協力をお願いしています。

◆駐輪場:臨時駐輪場 有り

◆トイレの有無:有り

◆問い合わせ先:一般社団法人相模原市観光協会 042-771-3767

◆公式サイト:http://www.sagamiharahanabi.com/

スポンサーリンク


相模原納涼花火大会2018の見どころ

 

昭和26年から始まった相模原納涼花火大会は今年で47回目、地元の人々にも愛され、例年20万人の観覧客が訪れている花火大会です。

高田橋の上流から約8000発打ち上がり、早打ちとスターマインを中心にテンポよく打ち上げられ、市民が放つ「メッセージ花火」や、「涼玉乱舞」や「燎火幻影」など華やかなプログラムで盛大に盛り上げてくれます。

 

特に約8,000発の大半が「スターマイン」というから驚き!!

 

そしてフィナーレはもはや圧巻!!

息つく暇もなく降ってくる花火に感動を覚えること間違いなし!

 

 

これは絶対に間近でみたいですね!!

スポンサーリンク


相模原納涼花火大会2018 混雑予想

相模原花火大会は、例年20万人もの観覧客が訪れるので、周辺の道路は大変混雑します。

会場への車やバスの流れは県道54号線から63号線に合流するため、夕方あたりから一気に渋滞が始まります。

通常バスでのアクセスは、30分ほどで到着するのですが、花火大会当日は2時間以上かかることも...

バスで向かう場合は、大会開始時刻までに到着できない可能性もありますので、どうしてもバスで向かうという方は、余裕を見て午後3時頃までにバスに乗車することをオススメします。

 

しかし、このようにバスの本数も少ないです。

JR横浜線「相模原駅(南口)」より路線バス
「水郷田名」行きバス(相17系統田名バスターミナル経由(1時間に2本程度) 終点「水郷田名」下車、徒歩5分
JR横浜線「淵野辺駅(南口)」より路線バス
 「田名バスターミナル」行きバス(淵53系統上溝経由)終点「田名バスターミナル」下車、徒歩15分
※ 1時間に2本程度
JR横浜線「橋本駅(南口)」より路線バス
①「田名バスターミナル」行きバス(橋57系統榎戸経由) (1時間に3本程度) 終点「田名バスターミナル」下車、徒歩15分
※1時間に3本程度
②「田名バスターミナル」行きバス(橋59系統葛輪経由) 終点「田名バスターミナル」下車、徒歩15分
※1時間に1本程度 
JR相模線「上溝駅」より路線バス
「田名バスターミナル」行きバス(淵53系統)  終点「田名バスターミナル」下車、徒歩15分
※1時間に2本程度

そのため、もし乗り遅れてしまい次のバスとなると、間に合わない可能性が高い!!

そこで一番おすすめなのが、徒歩での移動です!

相模原花火大会2018!会場まで徒歩で行く場合のアクセスを徹底解説!

 

相模原花火大会の会場に徒歩で行く場合、最寄駅はこの4つ!

  • JR横浜線「相模原駅」
  • JR横浜線「橋本駅」
  • JR横浜線「淵野辺駅」
  • JR相模原線「上溝駅」

 

徒歩時間から行くとJR横浜線の場合は「橋下駅」からが約1時間半と短いのでおすすめ!

 

一番近いのはJR相模線「上溝駅」からが60分です!

夏なので勇気がいりますが、確実に花火大会に間に合うためには「徒歩」がベストです!

相模原納涼花火大会2018 穴場&オススメスポット!

会場は毎年大変混雑しますので、少し離れた場所で混雑せずに落ち着いて花火を楽しめる穴場スポットをご紹介いたします。

 1.ヨークマート田名店 屋上駐車場

住所:〒252-0244 神奈川県相模原市中央区田名

ヨークマート田名店の屋上駐車場は、花火大会当日無料開放されています!
少し離れてしまうので、インパクトには欠けてしまいますが、こちらからも高く打ち上がった花火を見ることができる穴場スポットです。

また夜10時まで営業しているので花火大会の時間帯にもバッチリですし、車で来た際にも帰りの渋滞に巻き込まれずにスムーズに帰宅できますので、参考にしてみてください。

2.田名北小学校

住所:〒252-0244 神奈川県相模原市中央区田名1932-1

少し離れてしまいますが、高く打ち上がった花火ならこちらからでも鑑賞できます。

人混みにまみれずにゆっくり花火を楽しみたい方にオススメの場所です。

3. 相模原麻溝公園の展望台

住所:〒252-0328 神奈川県相模原市南区麻溝台2317-1

こちらの公園の高台にある展望台からも、花火を見ることができます。

展望台からなので、比較的綺麗に花火を見ることができます。

相模原納涼花火大会2018 有料席情報

相模原花火大会では市民協賛者席を設けており、何時間も前から場所取りをする必要なく、打ち上げ場所の間近から大迫力の花火を、イス席、または桟敷席にてゆったりと花火が楽しめます。

開場:13時

料金:シングルチケット(1人分):2,500円/セットチケット(5人分):10,000円

また協賛者席内には専用トイレが設けてあり、長時間並ばずにご利用できます。

購入方法:以下のいずれかの方法で購入できます。
①セブンチケット

「セブンチケット」サイトまたはセブンイレブン店舗のマルチコピー機で受付。「相模原納涼花火大会」で検索

②ローソンチケット

Lコード33478 全国のローソン・ミニストップ店舗で受付

③イープラス

e+イープラスサイトのチケット販売ページまたは、Family Mart店頭端末機「Famiポート」(24時間対応)で申し込み

④チケ探

チケ探サイトより「相模原納涼花火大会」で検索

協賛者席は打ち上げ会場から100メートルほどの距離です。大迫力の花火を非常に間近から見ることができますのでオススメですよ!

相模原納涼花火大会2018 駐車場情報

※当日は、交通規制があります!

規制時間:18:30〜21:00

規制エリア:相模原市中央区田名(国道63号線一帯)

 

相模原花火大会では、2,500台ほど駐車可能な駐車場が用意されており、駐車場利用料金として1,000円必要です。

駐車場は、当日朝8時から利用可能ですが、18時過ぎには満車になります!

駐車場の満空情報については、当日エフエムさがみの放送(FM83.9MHz)でお知らせするほか、会場までの道路上に満空情報の看板が設置されます。

当日は大変な混雑が予想されますので、駐車場からの入退出にもかなりの時間を要するので、会場には相当の余裕をもって向かうことをオススメします。

バイクや自転車で向かう方は、バイクの臨時駐車場は高田橋下流の河川敷に、自転車の臨時駐輪場は田名小学校グラウンドに設置されるそうですので、そちらをご利用ください。

また、交通規制で非常に混雑しますので、どうしてもという方以外はできるだけ公共交通機関を利用されることをオススメします!

相模原納涼花火大会2018 屋台情報

会場である高田橋付近では、例年様々な屋台が約200店舗も並び、相模原花火大会を盛り上げてくれます。

焼きそばや焼き鳥、かき氷などの定番料理も数多く出揃っているので、食事に困ることなく花火大会を満喫できます!

相模原納涼花火大会2018 まとめ

以上、相模原花火大会2018をご紹介いたしました。

花火を間近で見ることのできる協賛者席は魅力的ですよね。

ぜひ早めにチケットをゲットして、相模原花火大会を思う存分楽しんでください。

特に空中ナイアガラやフィナーレの百花繚乱は必見です。

また、8月下旬といってもまだまだ暑いので、歩いていく方などは特に熱中症などに気を付けて花火を楽しんでください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

神奈川県で開催される花火大会情報一覧!

よく読まれています!

デートの準備は万端ですか?美容院に行かなくても簡単にできる浴衣にぴったりの髪型を、「現役美容師sana」が詳しく画像付きで解説しています!

ピックアップ関連コンテンツ
おすすめの記事