スポンサーリンク


夏になるとあちらこちらで行われる花火大会!!

家族で行かれることを楽しみにしているのではないでしょうか?

私は現在4歳、2歳、10ヶ月の子供がいますが、上の子が小さい頃から地元の花火大会に連れて行っています!

子連れで野外イベントの時に困るのが持ち物なんですよね~。

実際、私も最初は「あ~あれを持ってくれば良かった~!!」と思うことが多々ありました。

そんな経験談を交えながら、子連れで花火大会に行く際の持ち物をリストにしてお伝えしていきたいと思います。

長々話していてはなんですので、さっそく本題に入っていきましょう♪

4

スポンサーリンク


子連れで花火大会に行くなら絶対必須!13個のアイテム!

まずは、子連れで花火大会に行く際に持って行くものをリストにしてご紹介していきますね!

【子連れで花火大会に行く際の持ち物リスト一覧】

  1. 撥水加工された薄手の上着
  2. ブランケット
  3. 帽子
  4. 飲み物(ペットボトル)
  5. ストローキャップ
  6. タオル
  7. ティッシュ/ハンカチ
  8. レジャーシート
  9. ビニール袋
  10. オムツ/お尻拭き
  11. カッパ
  12. 絆創膏
撥水加工された薄手の上着

これは経験上必須アイテムと言えます!!

花火大会と言っても、場所取りのために少し早めに家を出ますよね?

だいたい夕方16時くらいに家を出ると外はまだまだ暑いのですが…夜になると、だんだん冷えてきて肌寒くなることも。

また花火大会に「雨」はつきもの...

よく急な雷雨で中止なんてことありますよね。

そんな時には撥水加工された上着を一つ持っておくと、急な雨でも安心!

ウインドブレーカーならかさばらず持ち運びに便利です!

ブランケット
上着があれば大丈夫だとは思うのですが…念には念をでブランケットも持って行くと安心です。
私は、2年目の子連れの花火大会はブランケットも持参していきました。
子供が寝てしまった時も包めたので便利です♪
個人的にオススメしたいのが、
夏にも活躍するUV機能がついたブランケット!
日差しが強い時間帯も子供を守ってくれるので便利です!
帽子
場所取りのために早く会場に行ったり、日が出ている間に移動したりするのであれば、帽子をかぶらせましょう。
ペットボトルの飲み物
暑い夏には朝昼晩問わず、外出時に飲み物は必須です!!
ただ、水筒では重いので、ペットボトルの方がおすすめです。

もし早い時間から外出するようであれば、ペットボトルを凍らしておくと「保冷剤」代わりにもなります!!
ストローキャップ

ペットボトルの飲み物と一緒に持っていきたいのが、「ストローキャップ」です!

ペットボトルに直接取り付けることができますし、ストローを使えるお子さんでしたら簡単に飲むことができますね!

100均でも購入できますが、ママ的にちょっと嬉しい機能が付いた商品もご紹介しておきます!

一つ目は使い捨てストローをさして使う衛生的な商品!!
ストロー部分ってちゃんと洗えてるか不安になるので、これは嬉しい♪

またこちらの商品は、持ち運び用ケースがついているのとちょっと大きめの飲み口にも使えるアダプター付き商品!

タオル

正直、子連れのお出かけはタオルはあればあるだけ助かります!!

子供が何かこぼした時はもちろん、汗拭きやエプロン代わり、ブランケット代わりにも使うことができます。

でも何枚も持っていくとかさばるので、2枚くらいを目安にして下さい。

ティッシュ/ハンカチ
こちらは言わずとも必須アイテムですよね!
あらゆる場面で使うことになります。
レジャーシート

花火大会の会場には、椅子の設置などは少ないです。

大きな花火大会になればなるほど少なくなります。

ですので、レジャーシートの持参は必須ですよ~。

ビニール袋
私は子供が生まれてから必ずビニール袋をバッグに忍ばせています。
ごみ袋にもなりますし、残した食べ物などを入れておくこともできるんですよね!
おむつ/お尻拭き
おむつが外れていないお子さんをお持ちの場合はおむつやおしりふきが必須ですが、お尻拭きはウェットティッシュ代わりにもなるのでウェットティッシュは持って行かなくても大丈夫ですね!
かっぱ
突然雨が降ることもありますので、雨具もあると安心ですが、人でごった返しているところで傘を差すのは危険です。
お子さんであればなおさらですよね。雨具にはカッパがおすすめです。
虫よけスプレー
特に汗をかきやすい子供には蚊が寄ってきやすいです。
虫よけスプレーでしっかり対策をしましょう。
絆創膏
未就学児のお子さんは、走り回ったりすることが多いので、
けがをすることも多いです。その場合に備えて絆創膏を用意しておくと安心です。

ここまでは、どのお子さんにも共通した必須アイテムになります。

ただ、お子さんの年齢によっては必要になるアイテムが異なる場合もあるんですよね。

そこで、次項では年齢別にあったら便利なアイテムをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


子供の年齢別!花火大会であったら便利!11個のアイテム!

我が家は先ほどお伝えした通り、年齢が異なる3人の子供がいます。

それぞれの年齢であったら便利だったアイテムをご紹介していきますね。

【0~1歳】

ミルク
1歳までのお子さんは、まだまだミルクを飲んでいる子が多いですよね。
特に、授乳スペースなどが無い場合はミルクを持参した方が便利でしょう。
授乳ケープ
母乳育児をしているママの場合、お子さんがなかなか哺乳瓶を受け付けてくれないこと
もありますよね。
そういう場合に便利なのが授乳ケープです。
ただ、花火大会などの野外で使う場合は人目もあるのでしっかりしたタイプを選ぶようにしましょう。
抱っこ紐
ベビーカーを持って行こうと考えているのであれば、それはオススメできません!!
人ごみでベビーカーを押すことはできないに等しいです。
抱っこ紐であれば、ママが赤ちゃんを守ってあげられますし、他の人の邪魔にもなりませんよね。
着替え
この時期のお子さんは汗をかくのもそうですが、おむつ漏れや吐き戻しなども考えられます。
その場合に備えて着替えを持参しましょう。
マグマグ
マグマグを使えるのであれば、マグマグもあった方が便利です。
お菓子や離乳食
花火大会では屋台などが並ぶことはありますが、この年齢だと食べられるものが無いんですよね。
普段から食べ慣れているお菓子やレトルトの離乳食を持っていくと安心です。

【2~4歳】

着替え
この時期の子は、飲んだり食べたりする時に服を汚してしまうことが多いです。
使い捨てエプロン
どうしても食べこぼしをしてしまうので、エプロンを持って行くと便利♪
我が家は外で使ったものを持って帰るのは衛生的に気になるので、長時間出かける時は100均で購入した使い捨てエプロンをいつもバッグに忍ばせていました。

お菓子
屋台などで色々と購入することもできますが、移動中などにお腹が空いてぐずることももあります。
そういった時にすぐに食べさせることができるお菓子を持参しておくと安心です。
リュック
子供用のリュックなどを持たせておくと、とっても便利♪
出店などでもらった景品を持たせるのに役立ちます。

【5~6歳】

我が家にはこの年代の子はまだいないので、
ここではママ友のお話を参考にお伝えしますね。

汗取りパッド
これくらいの歳になると服を汚すことは少なくなりますが、とても活発に動くのでかなりの汗をかきます。
背中などに入れる汗取りパッドがあると便利です♪
着替えを何枚も持ち歩くより、断然かさばりません!

以上が年齢別のあったら便利なアイテムでした~♪

さてさて、ここまでは持ち物に関する情報をお伝えしましたが、
まだ子連れで花火大会に行ったことがないという場合、
何歳くらいから花火大会を楽しめるのか疑問に思いませんか?

そこで、我が家の子供たちを例にとってお伝えします!

次項で見ていきましょう!

スポンサーリンク


子供が花火大会を楽しめるのは何歳から?我が家の場合!

経験談でしか言えないのですが、おそらく1歳くらいからであれば花火を楽しむことができそうです。

我が家の次男は、0歳の頃から花火大会に参加しているので、まずは次男を例にとってみましょう。

 

【次男:0歳】

この年の花火大会は…寝ていました(笑)。

花火はとても近い場所で見ていたのですが、その音に驚くこともなく爆睡していましたよ!

【次男:1歳】

この年の花火大会は、まだ起きていました~。

旦那に抱っこされて見ていたのですが、花火に合わせて小さな声で「ドーン、ドーン」と言っていました!

ここまでが、次男の様子です。

次は、長男が2~3歳の時期の花火大会参加の様子をお伝えしますね。

【長男:2歳】

花火が上がるたびにこちらを振り向き、「ママ~すご~い」と言っていました。

特に怖がったり驚いたりする様子はありませんでした。

【長男:3歳】

この年になると、花火が開いたときの模様やキャラクターがわかるようで、「お花だ~」「星だ~」などと教えてくれました。

以上が我が家の子供たちの様子です♪

花火大会の持ち物子連れ編まとめ!

いかがでしたか?花火大会に必須のアイテムとしては…

  • 撥水加工された薄手の上着
  • ブランケット
  • 帽子
  • 飲み物
  • ストローキャップ
  • タオル
  • ティッシュ/ハンカチ
  • レジャーシート
  • ビニール袋
  • オムツ/お尻拭き
  • カッパ
  • 絆創膏

でした~。

あると便利なアイテムは…

【0~1歳】

  • ミルク
  • 授乳ケープ
  • 抱っこ紐
  • 着替え
  • マグマグ
  • お菓子や離乳食

【2~4歳】

  • 着替え
  • 使い捨てエプロン
  • お菓子
  • リュック

【5~6歳】

  • 汗取りパッド

でした~。

お子さんと楽しみたいのであれば、1歳くらいが花火デビューには良い年齢でしょう。

また、1歳未満の赤ちゃんを人混みに連れて行くのは少し怖い気もしますよね。

こういったことも考えると、やはり花火大会デビューは1歳過ぎからがおすすめです!

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました~♪

神奈川県で開催される花火大会を日付順にご紹介!

 

不器用ママでもできちゃう♡子供の浴衣にぴったりな簡単アレンジを見る

ピックアップ関連コンテンツ
おすすめの記事