こんにちは!ココです!

 

目に入れても痛くない可愛い我が子♡

そんなわが子も気づいたら

あっという間に離乳食の時期になります!

 

最近の育児書では

5か月〜6ヶ月にスタートするのが一般的!

 

はじめての離乳食ドキドキしますよね?

 

育児書があるとはいえ、

ちょっとしたことが気になって

ついついネットで調べてしまいます。

 

そこで今回は意外と好きな子が多いと

言われる離乳食のトマトについて
●離乳食はいつから?アレルギーの心配は?
●いつから生で食べられる?皮や種はいつまで取り除く?
●初期・中期・後期別おすすめレシピ!
を調べてみました!

スポンサーリンク


離乳食のトマトはいつから食べれる?アレルギーの心配は?

夏野菜の代表のトマト!

 

離乳食として食べられるのはいつから?

●初期の5カ月から

つまり最初から食べさせることができます!

 

トマトは加熱すると甘くなり

離乳食のはじめたてにはぴったりの野菜です。

 

我が子は最初、トマトが苦手でしたが今では大好きです!

さてさて気になるトマトの

栄養素を確認してみましょう!

 

●ビタミンA
●ビタミンC
●ビタミンE
●リコピン
●カリウム
●グルタミン酸
などさまざまな栄養素がありますね!

 

一番有名な栄養素はビタミンCでしょうか。

美肌と風邪予防に効果があると言われています。

 

つるつるベビーフェイスの赤ちゃんには

美肌効果はあまり関係ありませんが、

 

離乳食を始める頃はちょうど

ママの免疫が切れ始める頃!

 

風邪予防は赤ちゃんにとって嬉しい効果♪

 

またトマトは
食物繊維が豊富です。

 

食物繊維は腸の働きを良くしてくれます。

 

つまり便秘にいい!
赤ちゃんってすぐに便秘しちゃうんですよね。

 

特に離乳食のはじめたては

便秘になりやすいと言われています。

 

そんなとき、十分な水分と食物繊維は重要ですね!

 

 

そして離乳食を始める際に

一番気になるのがアレルギーですよね。

 

トマトにアレルギーってあるの?

 

調べていると、、、

トマトのアレルギーの陽性率は18%
参照:蕁麻疹辞典

 

トマトによるアレルギーの症状は

口の中や口のまわり、唇に

かゆみ、腫れ、湿疹がでてきます。

 

ひどいときはじんましん、

吐き気の症状が出ることも。

 

 

またトマトの汁がたれるだけで

湿疹がでる場合もあります。

 

湿疹が出た時はアレルギーだ!

と焦らず、まずはしっかり顔を拭いて

様子をみましょう!
それでもおさまらない場合は

すぐに専門機関に相談しましょうね。

 

また、離乳食をはじめる際の注意点があります。
●初めて食べる食品は1日に1つ

 

これはアレルギーを見分けるためです。

離乳食に慣れたからと言って

1日に初めて食べる食品を2つも3つも

増やしてはいけません!

 

アレルギー症状がでた時に

どの食品で症状が出たのかわからなくなるからです。

 

慣れてきたからといって

なにごとも「初心貫徹」を

忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク


いつから生で食べられる?皮や種はいつまで取り除く?

栄養素が高いトマト。
最初は加熱して食べさせますが

もともと生でも食べられるトマト!

いつから生で与えることが可能?

調べてみたところ

●8カ月頃のモグモグ期

から生で食べさせても良いそうです。

 

5カ月から食べられる食材ですが、

赤ちゃんのお腹はまだまだ未熟。

 

生だと消化も大変です。

 

また、トマトは加熱すると

体を温めてくれる作用がありますが、

生のように冷やした状態で食べると

体を冷やしてしまいます。

 

ちょっと大変ですが

8カ月までは生であげるのは控えましょう。

皮や種はいつまで取るの?

また生であげられるようにはなったけど

皮をむいたり、種を取り除くのって

 

とっても面倒!

そこで調べてみると絶対ではありませんが、

 

●1歳6カ月以降が理想

なようです。

というのもトマトの皮や種は

消化不良を起こしやすく、

大人でも未消化の時があります。
かわいい赤ちゃんが消化不良になって

お腹が痛くなるなんてかわいそうですよね。

 

離乳食を完了するまでは

しっかりと皮と種を取り除きましょう。

 

でも皮をむいて、

種を取り除いて、

加熱してとても手がかかる!

 

ささっとトマトをあげたいというとき

私が使っているものがあります。

 

それはこちら


食塩無添加のカットトマトです!

食塩は入っていませんし

皮や種も取れています!

 

これでもかなり手間がはぶけて便利です!

 

残った文は製氷器に入れて凍

らせておけばいつでも使えます!

 

それでも余ったら大人用に

ミネストローネにでも使いましょう!

 

9カ月からのカミカミ期にはいると

果肉を切るので種を取り除くのは簡単になりますが、

スープを作るときに便利です!

ぜひ試してみてください。

初期・中期・後期別おすすめレシピ!

好き嫌いがないよう

美味しいトマト料理を食べさせたい!

 

けどマンネリ化になってしまう

という方におすすめのレシピを探してみました!

 

離乳食初期のゴックン期(5~6カ月頃)

Cpicon 【離乳食初期】トマトと豆腐のとろとろ煮 by 東松島食べる通信


引用元:https://cookpad.com/recipe/4718216

 

豆腐はタンパク質が豊富で

トマトとの相性がぴったりの食品です!
また寒い季節に体の温まるメニューで

風邪予防にはぴったりですね!

 

離乳食中期のモグモグ期(7~8カ月頃)

Cpicon 【離乳食中期】たっぷり野菜のトマトパスタ by 東松島食べる通信


引用元:https://cookpad.com/recipe/4585253

苦味があり赤ちゃんが苦手な

ピーマンがこっそり入っているのがいいですね。
レシピにある湯むきと種を取り除くのが大変なら、

先ほど書いたカットトマトを

使ってみてはいかがでしょうか?

 

離乳食後期のカミカミ期(9~11カ月頃)

Cpicon 離乳食**お豆入りミネストローネ by みぃちゃん♪.


引用元:https://cookpad.com/recipe/4485011

 

後期に入ると大人のご飯との

取り分けができるようになってきます。

 

そのためおすすめは大人も一緒に

食べれるミネストローネです。
色んな野菜が一度にたくさん取れるのに、

あまり手間がかかりません。

 

カミカミ期に入ると味付けは大人と違いますが、

見た目は同じものを食べれるようになるので

赤ちゃんも嬉しいですね!

 

他にもトマトを使ったレシピが

たくさんありました!

 

ぜひ赤ちゃんにたくさんのママの味を

覚えさせてあげてください。

まとめ

今回はトマトについて調べてみました!

 

やはりアレルギーは怖いのですが、

栄養価も高く魅力的な野菜ですね。

 

ただし、食べ過ぎには注意が必要です。

 

大人の私でも、ミニトマトを食べ過ぎて

お腹が緩くなってしまった経験があります。

 

赤ちゃんならなおさらです!

 

限度を守って、

おいしいトマト料理を食べさせてあげましょう!

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

スポンサーリンク


ピックアップ関連コンテンツ
離乳食の関連記事
  • 離乳食のトマト|生食はいつから?皮や種はいつまで取り除くの?
おすすめの記事