小さい子供って、シャボン玉が好きですよね~。

我が家の子供もシャボン玉が大好きで保育園から帰ってきたら、すぐにベランダに向かってシャボン玉で遊び始めますよ!

1歳になる前の小さな時からシャボン玉が飛んでいるのを見てキャッキャッと嬉しそうに声を上げていました!

ただ、シャボン玉ってすぐに割れてしまうので、楽しむ時間も短いんですよね。

できれば、割れにくいシャボン玉なんているのがあれば…

そうは思いませんか?

実は、割れにくいシャボン玉液が自宅で簡単に手作りできちゃうんです!!

この記事では割れにくい最強のシャボン玉液を家庭で作る方法をいくつかご紹介していきます!

  • シャボン玉液が切れてしまって今すぐ作りたい!
  • 割れにくい最強のシャボン玉を作りたい!

という方には、必見の内容となっています。

安いなら買ってもいいかな?って方には、保育士の姉から聞いた割れにくいこちらのシャボン玉液がおすすめです♪

スポンサーリンク


割れにくい最強のシャボン玉液の作り方!“洗濯のりあり”バージョン!

割れにくいシャボン玉液を自宅で作ることができれば、シャボン玉好きなお子さんは
大喜び!

しかも、その作り方が簡単とあればママやパパにも負担がかかりませんよね!

手作りのシャボン玉液といえば「洗濯のり」を使うのが定番ですよね!

実は最強に割れにくいシャボン玉液を作るなら、「洗濯のり」を使うのがベストなんです。

そこでまずは「最強に割れにくい」ということを優先し、「洗濯のりあり」で作るシャボン玉液をご紹介していきます!

 洗濯のりなんてないよ!という方のために、強度は少し落ちますが「洗濯のりなし」の作り方もこのあとご紹介します。先に知りたい方は飛ばしてください♪

最強に割れにくいシャボン玉液の作り方【材料】

  • 弱酸性の洗濯のり(PVAと書かれたもの):50ml
  • 洗剤(食器洗い用→界面活性剤40%前後のもの):10ml
  • ぬるま湯(一度沸騰させたもの):100ml
  • ボウル
  • スプーン(カレー用など大きめのもの)
  • 容器(シャボン玉液を入れるためのもの)

 

*ぬるま湯に関しては、一度水を沸騰させて冷ましたものを使うのばベスト

理由は余計な成分を飛ばすことができ、より割れにくいシャボン玉液を作ることができます。

洗剤にこだわるのはなぜ?
洗剤を選ぶときのポイントは界面活性剤が35%以上、できれば40%以上であること。
実はここの割れにくい最強のシャボン玉を作る秘密があるんです♪
界面活性剤は「膜」を張る性質があります。
そのため濃度が濃ければ濃い方が強力な膜を作り出してくれるんです!
もし家にあるものが35%以下だよ。という場合は、分量を増やしカバーしましょう。

最強に割れにくいシャボン玉液の作り方【作り方】

1.ボウルにぬるま湯と洗濯のりを入れ、スプーンで優しく混ぜる。

2.さらに洗剤を加えて優しく混ぜる。

3.容器に移し、完成。

なんともこんなに簡単に割れにくいシャボン玉液ができちゃいます!!

ちなみに、洗濯のりはネットでも安く手に入れることができます!

洗濯のりを選ぶときの注意点!!
成分表のところに「PVA」と記載されているものを選びましょう♪
液性が「弱酸性」となっています!
*洗濯のりには中性のものもあるのですが、中性の方はシャボン玉が割れやすくなります。

こちらは、参考までに…

(洗濯のり)

 

 

ここまでが洗濯のり「あり」の作り方でした~。

ただ、いつも「洗濯のり」が家にあるわけではありませんよね!?

むしろ、今なら無い家庭の方が多いのでは…?

また、洗濯のりを使うと、小さいお子さんがシャボン玉液を使う場合は成分的にも少し心配ですよね。

そこで、家庭にあるものを使って小さなお子さんでも安心して使うことができるシャボン玉液の作り方をご紹介します!

スポンサーリンク


自宅にあるもので今すぐできる!割れにくいしゃぼん玉液の作り方!洗濯のりなしバージョン

自宅に洗濯のりがない!!という場合は、買いに走るのはちょっと待って!

洗濯のりが無くても、割れにくいシャボン玉液を作ることはできますよ。

 

また小さな子供がシャボン玉液を扱う姿は見ていて、ハラハラドキドキ…

かと言って、やってあげようとすると…「やめてー!!」と怒り出します。

はたまた一方では、膨らましたシャボン玉を追いかけて手やタックルで潰します。

それが口に入るのを見ると、大丈夫かな?と思うことも…。

特に、市販のシャボン玉液は何が入っているのかわかりませんし、なんだか不安ですよね。

 

洗濯のりを使うのは、やはり心配…

そういう時は、砂糖を使います!!

お砂糖を使えば、比較的安心して使える割れにくいシャボン玉液を作ることができます。

洗濯のりなし!割れにくいシャボン玉液の作り方【材料】

  • ぬるま湯(一度沸騰させて少し冷ましたもの):100ml
  • 洗剤(食器洗い用→界面活性剤40%前後のもの):5ml
  • 砂糖:5mg
  • ボウル
  • スプーン(カレー用などの大きいもの)
  • 容器(シャボン玉液を入れる)

 

なんで砂糖?
シャボン玉が割れる原因は水分が蒸発することにによる「乾燥」です。
シャボン玉が空気に触れるとみるみるうちに乾燥し、パチンと割れてしまうのです。
そのためシャボン玉液に「粘り気」があれば、割れにくくなります。
砂糖を水に溶かすとドロドロしますよね?あれが良いんです!
そう、砂糖を使う理由はシャボン玉液に「粘り気」を加えるためです。

 

 

洗濯のりなし!割れにくいシャボン玉液の作り方【作り方】

  1. ぬるま湯に砂糖を入れしっかりと溶かす。(溶け残りは不純物となりシャボン玉が割れやすくなります)
  2. 1に洗剤を優しくそーっと入れる。
  3. 泡だててしまわないように丁寧に混ぜる。
  4. 液に少し粘り気が出始めたら、一度試してみる。
  5. 水が足りないようなら、また少し足す。
  6. 4~5の工程を繰り返し、ちょうど良くなったら容器に移し、完成。

 

さじ加減がカギになってきますので、様子を見ながら試してみて下さい!

家庭にあるもので簡単に作ることができるというのは、とても助かりますよね!

また、洗濯のりを使うと、小さいお子さんがシャボン玉液を使う場合は成分的にも少し心配ですよね。

そこで、最後に家庭にあるものを使って、小さなお子さんでも安心して使うことが
できるシャボン玉液の作り方をご紹介します。

それでは、次項で見ていきましょう!

割れにくい最強しゃぼん玉液の作り方まとめ

いかがでしたか?

割れにくいシャボン玉作りのポイントは、

・洗濯のり
・洗剤
・砂糖

が、関係していましたね。

洗剤や砂糖は、家庭にあるものですし、洗濯のりもそんなに高価なものではありません。

ですので、割れにくいシャボン玉は比較的安いお値段で簡単に作ることができますね!

これを参考に、ぜひチャレンジしてみて下さいね♪

最後まで、ご覧いただきまして、ありがとうございました!

スポンサーリンク


ピックアップ関連コンテンツ
おすすめの記事