こんにちは!ココです。

 

本日放送のアウトデラックスに

イヤミス作家の真梨幸子さんが登場します。

 

アウトデラックスに登場するくらいなので
かなりヤバい方なんでしょうね(笑)

 

本業の作家さんとしても、
イヤミスの女王として名高い真梨幸子さん。

 

そこで今日は真梨幸子さん
おすすめ小説ランキングトップ5をご紹介します!

スポンサーリンク


真梨幸子さんのプロフィール


引用元:http://mariyukiko.hatenablog.com/

 

まずはプロフィールのご紹介から

名前:真梨幸子(まりゆきこ)
年齢:1964年(53歳)
出身:宮崎県
活動:2005年から
引用元:http://www.shinchosha.co.jp/writer/5872/

 

ペンネームの「真梨幸子」は言われたら読めますが、
ぱっとはわからないですよね。

 

こちらの名前の由来は、
ザ・タイガースの曲「僕のマリー」に由来します。

 

ご自身のブログでは飼い猫「マリモ」との生活が
日々綴られています。

 

ブログを拝見する限りは、
どうやらご結婚はされていなさそうですね。

 

さらに本日放送のアウトデラックスの内容がこちら

 

妄想で、大好きなジェフ・ベックとの間に10人の子を産んだという真梨さん、妄想がいきすぎて、ついにはある物を購入してしまったそうなんです!リア充は妄想しない⁉︎マツコも共感の悲しい妄想劇

引用元:http://www.fujitv.co.jp/outdx/

おそらく結婚はされていないでしょうね(笑)

 

スポンサーリンク


真梨幸子のおすすめ小説ランキング!

人間のイヤな部分をこれでもかと盛り込んだ作風は
やはり読んでイヤな気分になるもの。

見たくないのに、ついつい読み続けてします。

そんな中毒性満載の

真梨幸子さんのおすすめ作品をご紹介します!

第5位 孤虫症

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

孤虫症 (講談社文庫) [ 真梨幸子 ]
価格:750円(税込、送料無料) (2017/8/24時点)

 

2005年に第32回メフィスト賞受賞したデビュー作

 

見所 謎の奇病に秘められたリアルで恐い女の悪意

 

主人公の主婦麻美が関係を持つ不倫相手の男性が、
次々と体全体に瘤のようなものができて

原因不明の死を迎える。
そのうち彼女自身にも異変が起きるのだか…

 

女同士の醜い憎悪や嫉妬が

これでもかとリアルに描かれており、
目をそらしたくなりますが

ついつい読み進めてしまいます。

 

 

第4位 5人のジュンコ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

5人のジュンコ (徳間文庫) [ 真梨幸子 ]
価格:712円(税込、送料無料) (2017/8/24時点)

 

見所 悲劇を生むジュンコという名前

 

タイトルの通り5人のジュンコが登場します。
それぞれのジュンコのが心の奥に押し込めている
悪意や不満などが複雑に絡み合い事件へと発展。

読んでいると気分が悪くなるのに止まらない!
2015年に松雪泰子さん主演でドラマ化された作品。

 

第3位 鸚鵡楼の惨劇

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鸚鵡楼の惨劇 (小学館文庫) [ 真梨幸子 ]
価格:788円(税込、送料無料) (2017/8/24時点)

 

見所 真梨幸子には珍しい本格長編ミステリー

 

半世紀にわたり西新宿で起こる惨劇を描いたストーリー。
惨劇の舞台は料亭・鸚鵡楼。

30年前に闇に葬られた事件が因縁となって
現代まで追いかけてくる。

そして鸚鵡楼の惨劇が繰り返された。

最後に全ての謎が明かされますが、
そこはイヤミスの名手。
救いようのない結末が待っています。

 

第2位 殺人鬼フジコの衝動

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫) [ 真梨幸子 ]
価格:699円(税込、送料無料) (2017/8/24時点)

 

真梨幸子の名を世に知らしめたベストセラー作品

 

見所 伝説の殺人者フジコが人を殺す理由

 

一家惨殺事件の生き残りとして人生を歩み始めた少女フジコ。
しかし彼女は殺人鬼となって次々と人を殺していきます。
その数なんと15人。
当たり前かのように殺人が行われていきますが
かなりドロドロとした人間関係が濃く描かれています。

気持ちが悪いくらいスッキリしない、
そんな作品です。

 

第1位 みんな邪魔

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

みんな邪魔 (幻冬舎文庫) [ 真梨幸子 ]
価格:822円(税込、送料無料) (2017/8/24時点)

 

見所 普通が一番怖いかも

 

かつて人気だった漫画「青い瞳にジャンヌ」の

ファンクラブ幹部6人組のお話。

一見どこにでもいる平凡な中年女性が
内に秘めている妬みや見栄から
ドロッドロのストリーが展開されます。
そして結末はまたもや誰も幸せにならないときた。

あまりにグロくて不快なため途中で

心が折れそうになりますが
やはり続きが気になってしょうがない。

これぞ真梨幸子という作品です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

読んでもモヤモヤするのに、
やめられない止まらない。

 

一度ハマったら抜け出せない、
真梨幸子の世界へどうぞお進みください。

スポンサーリンク


 

ピックアップ関連コンテンツ
テレビ, の関連記事
  • 佐藤啓介(あみやき亭)の経歴や年収は?出身地や大学も調査!
  • 鯨本あつこ(いさもと)離島新聞社編集長の経歴は?旦那や子供も調査!
  • ブルゾンちえみのアイライナーはどこのブランド?落ちない謎を調査!
  • 三浦文彰のバイオリンの値段や身長は?彼女の水野彰子と結婚か!
  • 真梨幸子のおすすめ小説ランキング!人気作品第5選!
  • Matt(マット)のマツエクや眉毛サロンのお店はどこ?美容院の場所も調査!
おすすめの記事