こんにちは。ココです!

 

今度NHKのプロフェッショナルに出演予定の
東信さんのお店ジャルダン・デ・フルール。

 

こちらにはボトルフラワーという商品があるようです。

 

メインはオートクチュールの
花束やフラワーアレンジメントを
販売するお店ですが、
なにやら気になりますよね?

 

そこで今日は、
●ボトルフラワーって何?
●値段や予算はいくら?

についてリサーチ!

スポンサーリンク


ボトルフラワーって何?


引用元:https://minne.com/items/8030803

ボトルフラワーとは、
特別な方法でドライフラワーにした花を
ボトル(ガラス)の中に密封保存したもの。

 

ドライフラワーは本来むき出しなため
湿気や日光により劣化していきます。
元々水分がなく壊れやすい状態なので
それを保護することもできます。

 

つまり生花の美しさを
半永久的に保つことができる
素敵なフラワーアレンジメントです!

 

プリザーブドフラワーと同じなのかな?
と思い調べてみましたが
全然違うもののようです!

 

プリザーブドフラワーは、
生花を一度脱色してから
人工の的に着色させるため
お花本来がもつ美しさというよりは
作られた美しさという感じ。

 

それに対し、

 

ボトルフラワー
生花を自然の美しさそのままに
ドライ加工を行います。
そのためそれぞれのお花の表情が残り
一つ一つ違う作品となります。

 

また耐久年数が異なります。
プリザーブドフラワーは1,2年に対し、

ボトルフラワーは5年から10年程も
楽しめるようです!

 

実際に20年以上も
美しさを保っているなんて話も!

 

私も結婚式の時に、
電報と一緒にボトルフラワーを頂きましたが、
4年たった今も全く色褪せず
部屋を華やかに彩ってくれています!

スポンサーリンク


ジャルダン・デ・フルールのボトルフラワー

ではジャルダン・デ・フルールの
ボトルフラワーはどんなものなのでしょうか?

それがこちら!

引用元:https://www.instagram.com

うわ〜、とっても素敵ですね!
そしてオシャレすぎる!!

 

これは初夏のデザインでしょうか?

これだけの色を使っているのに
一つの作品としてまとまりがある
なんとも不思議です!

本当にきれい〜!

 

そして私勘違いしていました!!

 

一般的なボトルフラワーと同じように
半永久的に楽しめると思っていましたが

 

ジャルダン・デ・フルールの
ボトルフラワーはなんと生花
インスタのコメントのやり取りに、
こんな一文を発見!

 

普通のボトルに普通のお水とお花が入っているのだよー!本当に普通のお水らしい🌹美しいよねえ🌺水の中で枯れゆく姿も良いらしい…!
引用元:https://www.instagram.com

そのため残念ながら枯れてしまいます。

 

ただ、だんだんと朽ちて行く過程で
水に色が移って見え方が変わる楽しさもあるそう。

 

東信さんは花をモノとして扱うことに違和感を感じ
生き物として扱いたいと思い
現在のお店を作りました。

 

お店は全て花のために
環境を整える徹底ぶり。

 

そのためドライフラワーにする
なんてことは絶対しなさそうですよね。

 

元々はオートクチュールの作品の作成過程で
余った花を捨てず詰めていったのが始まりですが、
今やお店を代表する作品となっています!


引用元:http://ivorywhite.exblog.jp/21394825/

帝国ホテルでボトルフラワーの
ツリーとして飾られたり

あの高級ブランドフェンディとコラボしたり

引用元:http://fashionmarketingjournal.com

生きたお花なので、
こういったイベントでも
毎日違う表情を見せてくれるんでしょうね。

ボトルフラワーの値段や予算は?

オートクチュールのお店ですが、
ボトルフラワーは店舗で購入可能なようです!

そこで気になるお値段ですが、

引用元:http://www.haconiwa-mag.com/magazine/2012/03/amkk/

大きいボトル右から順に
Lsize ¥50,000 H:37cm D:16cm (5L)
Msize ¥30,000 H:30cm D:14cm (3L)
Ssize ¥20,000 H:22cm D:9cm (1L)
SSsize ¥10,000 H:17cm D:8cm (0.5L)
となっています。
うーん、やはり高いですね!笑
日持ちも生花と同じようなので、
購入には勇気が入りそうです。。
でもでもプレゼントとして
いただいたら感激ですよね〜
誰かプレゼントして〜!!

まとめ

今日は東信さんのお店
ジャルダン・デ・フルールの
ボトルフラワーについて調べてみました!
●ボトルフラワーって何?
→ジャルダン・デ・フルールの
ボトルフラワーは生花のため、
水の中で枯れていく儚い様子も楽しめる。
●値段や予算はいくら?
→4サイズ、10,000〜50,000円!

 

以上です。
また東信さんについても調べたので
よかったらチラ見していってください!
東信の作品や年収は?花束の値段をチェック!

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました!

スポンサーリンク


ピックアップ関連コンテンツ
  • 佐藤啓介(あみやき亭)の経歴や年収は?出身地や大学も調査!
  • 鯨本あつこ(いさもと)離島新聞社編集長の経歴は?旦那や子供も調査!
  • ブルゾンちえみのアイライナーはどこのブランド?落ちない謎を調査!
  • 三浦文彰のバイオリンの値段や身長は?彼女の水野彰子と結婚か!
  • 真梨幸子のおすすめ小説ランキング!人気作品第5選!
  • Matt(マット)のマツエクや眉毛サロンのお店はどこ?美容院の場所も調査!
おすすめの記事