スポンサーリンク


ホテルのお洒落プールから夜間営業の室内プールまで、「インスタ映え」効果により今大流行しているナイトプール

日焼けを気にせず、夜景を見ながら写真を撮りあい、楽しい時間を過ごしたいという人たちに支持されています!

 

最近は、ブームの火付け役となった大人女子やカップルだけでなく、仕事帰りのサラリーマンや親子連れも増えているようですよ。

 

そこで今回は横浜市内でナイトプールが楽しめるオススメスポットを紹介します。

是非参考にしてみてくださいね!

4

スポンサーリンク


ナイトプールが人気の理由

 

ナイトプールというと、ライトアップしたプールにDJイベント、お酒片手にインスタ撮影会、とパーティー感が強いイメージがありますね。

 

実は、2011年の東日本大震災後の節電対策で、都内のホテルが仕事帰りの人たちに夜のプールをPRしたのがきっかけだったといわれています。

 

その後、インスタ映えブームが訪れ、大人の夜遊びとしての「ナイトプール」が全国各地のホテルや観光施設に広まったようです。

 

最近は更に解釈が拡大し、熱中症や日焼けを気にする親子連れにも対応したナイトプールが増えています。

 

仕事帰りに手軽に行けるナイトプール、これだけ支持されているにはいくつか理由があります!

ナイトプールが支持される理由①日焼けを気にしなくていい!

ナイトプールの一番のメリットとしてあげられるのが、日焼けを気にしなくていいことでしょう。

 

美白を気にする女性は、肌を焼きたくありませんから肌の露出も考えてしまいます。

 

夜のナイトプールであれば、紫外線を気にする必要がないですし、日焼け止めを塗る手間も省けます。

ナイトプールが支持される理由②インスタ映えポイントが沢山!

ナイトプールには夏の夜のインスタ映えスポットが沢山あります。

 

ラグジュアリーな雰囲気や開放感のあるロケーション、ライトアップされた夜のプール!

 

昼のプールにはない、夜のプールならではのゴージャス感が楽しめますよ。

ナイトプールが支持される理由③平日の仕事帰りでも気軽に行ける!

夜遅くまでオープンしているので、平日の仕事帰りに気軽に行けますね。

 

プールによっては水着の貸し出しもあります。

 

友達や同僚、カップルで楽しめます!

ナイトプールが支持される理由④親子で楽しめる!

ナイトプールなら、仕事帰りに子供と待ち合わせをして楽しむことができます。

 

プールによって、オムツのとれていない幼児など制限があったりしますが、今年は猛暑の影響もあって大変人気があったようですよ。

 

では、次からは横浜市内にあるオススメのナイトプールを5つご紹介します!

スポンサーリンク


横浜ナイトプール2018オススメ5選!

日産ウォーターパーク

 

住所:〒222-0036 神奈川県横浜市港北区小机町3302ー5

電話:045-477-5040

アクセス:

  • 横浜線「小机」駅より、徒歩で約15分
  • ブルーライン「北新横浜」駅より、徒歩20分

>>日産ウォーターパーク

 

営業時間 【平日・土曜日】
9:00-21:00
(入場受付は20:00まで。遊泳時間は20:45まで)

【日曜日・祝日】
9:00-17:00
(入場受付は16:00まで。遊泳時間は16:45まで)

【7.8月の日曜日・祝日】
9:00-19:30
(入場受付は18:00まで。遊泳時間は19:00まで)

定休日 毎月第3火曜日(ただし、祝日の場合は営業)

年末年始(12月29日~1月3日まで)

施設点検日等

※1月~3月は第4火曜日も休館

※7・8月は無休

利用料金 【13歳以上】
1時間まで500円
延長30分まで毎200円

【13歳未満】
1時間まで250円
延長30分まで毎100円

駐車場 新横浜公園駐車場(有料)
備考 おむつやトレーニングパンツが日常生活
(移動時や夜間も含みます)
において完全に取れていないお子様は入場できません

横浜Fマリノスの本拠地である日産スタジアム内にある日産ウォーターパークでは、22種類のプールがあり、屋内ウォータースライダーが有名です。

 

昼間は子供たちでにぎわっていますが、夜になるとゆったりと楽しい時を過ごすことができますよ。

 

プールは「アクアゾーン」と「バーデゾーン」に分かれていますが、大人の女性にはバーデゾーンがおすすめ!

 

出典元:https://www.nissan-stadium.jp/shinyoko-park/waterpark/

バーデゾーンには、ホットタブやバブルプール、アロマルームなど疲れを癒す施設が充実しています。

 

スイミングキャップが必須で、男性は200円、女性は300円で水着を借りることもできます。

 

屋内の温水プール施設なので、日焼けを気にせず楽しむことができるのでオススメです。

ローズホテル横浜

 

View this post on Instagram

月曜の夜、いかがお過ごしですか。ローズホテル横浜の期間限定夏の屋上プールは、曜日限定「ナイトプール 」がオープンしていますよ。日帰りでしたらHP限定デイユースプランでお楽しみくださいね。 ただ今フォトキャンペーン開催中!ぜひ #rtpool2018 をつけてご参加を! ・ ・ ご参加方法 Step1.@rosehotelyokohamaをフォロー Step2.屋上プールを楽しむ写真を撮ったら Step3.ハッシュタグ #rtpool2018 をつけてインスタグラムに投稿 ・ ・ 抽選で「ランチバイキングご招待券」をご用意いたします 皆様のご参加お待ちしております。 #夏 #プール #屋上プール #横浜 #浮き輪 #インスタ映え #ナイトプール #rtpool2018

A post shared by ローズホテル横浜 (@rosehotelyokohama) on

住所:〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町77

電話:045-681-3311

アクセス:みなとみらい線「元町・中華街」駅2番出口より、徒歩1分

>>ローズホテル横浜

営業期間 7/1(日)~9/9(日)

※ナイトプールは7/16(月)~9/4(火)

時間 【全日】
9:00-18:00

【ナイトプール営業】
日・月・火限定、18:00-20:00

利用料金 宿泊者及びデイユースプラン利用者のみが対象、滞在期間中無料
備考 おむつやトレーニングパンツが完全に取れていないお子様は入場できません

横浜の中華街にあるローズホテル横浜のナイトプールは、宿泊者及びデイユースプラン利用者のみが対象です。

 

中華街で食べてから、夜、プールを楽しみたいという人の意見から生まれた、ナイトプール付きのデイユースプランなら1人3,780円~が設定されているので利用しやすいですね。

 

屋上には最長12mのシェル型プールと周囲に白いパラソルが並んでいて、インスタ映え間違いなしです!

 

横浜の夜景を見下ろしながらプールを楽しむことができるオススメスポットです!

横浜ベイホテル東急

View this post on Instagram

副業第一弾がひと段落し、体力つけねばと反省したので、ホテルのプールの会員になりました。 女性専用プールで、今日は貸切でした。 シェイプオブウォーターみたいに私の水槽的な感じで最高でした。 ジャグジーも塩の水槽もあります。 マイソールよりちょい高めですが、普通のプールの塩素がダメなので水質の良いホテルプールは救いと思い、投資することにしました。 また最寄りホテルではないのですが、入会金が高くなく、一月ごとの手渡し制なのも決め手に。 一年続いたら最寄りホテルにするかもです… つぎの副業は半年以上はかかるデカめなので体力つけて頑張りまふ。 観覧車見ながら泳ぐの気分いい。 #横浜ベイホテル東急 #ホテルプール最高

A post shared by miyuapo (@miyuapo1017) on

住所:〒220-8543 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3−7

電話:045-682-2222

アクセス:

  • みなとみらい線「みなとみらい」駅より、徒歩で1分
  • JR横浜駅から車で約10分

>>横浜ベイホテル東急

 

営業時間 【平日・土曜日】
10:00-22:00

※プール最終受付は21:10まで


 

※下記の日程は18:30閉店

2018年9月1日(土)、2日(日)、9日(日)、16日(日)、

17日(月・祝)、23日(日)、24日(月・祝)、30日(日)

 

利用料金 【一般(非会員)】
8,640円

【宿泊時】
プールのみ 3時間 3,000円
プール&塩水プール 3時間 4,320円 

備考 ※18歳未満、および妊娠中の方の利用不可

横浜ベイホテル東急の4階にあるプールです。

 

オススメポイントは、なんといっても、みなとみらいの美しい夜景と海が見渡せ、横浜の夜を満喫できるロケーションです!

 

プール以外にもジャグジーやドライサウナ、オーシャンテラスも利用できます。

 

水着もタオルも無料なので、手ぶらで行っても大丈夫ですよ。

 

落ち着いた雰囲気の大人のプールなので、特別な日や女子会などにおススメです。

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル

出典元:http://minatomirai21.com/shop/671

住所:〒220-8522 神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1−1

電話:045-223-2222

アクセス:

  • みなとみらい線「みなとみらい」駅より、徒歩で5分
  • みなとみらいランプより、車で約2分

>>ハーバービューフィットネスクラブ

営業時間 【月曜~土曜】
8:00-22:00 (最終入館 21:00)

【日曜・祝日】
8:00-20:00(最終入館 19:00)

【翌日も休日の場合】
8:00-22:00 (最終入館 21:00)

利用料金 【宿泊者】
5,400円(税込)
備考 *利用は18歳以上の方に限ります

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの4階にあるフィットネスクラブ「ハーバービューフィットネスクラブ」内にあるプールです。

 

会員と宿泊客のみ利用することができる落ち着いた空間なので、特別な日に是非オススメします。

 

フィットネスクラブのプールなので、インスタ映えというよりは、リフレッシュ目的ですね。

 

開放感抜群で、みなとみらいの煌びやかな夜景を望むことができますよ!

元町公園プール

住所:〒231-0861 神奈川県横浜市 中区元町1-77-5

電話:045-651-7123

アクセス:みなとみらい線「元町・中華街」駅アメリカ山公園口より、徒歩8分

>>元町公園プール

営業期間 7/14(土)~9/9(日)
営業時間 【デイタイム】
9:00-18-00

【ナイトタイム】
18:00-21:00(最終遊泳時刻 : 20:50)

※ 9月3日(月)~9月9日(日)の営業時間は9:00-17:00

定休日 毎月第3火曜日(ただし、祝日の場合は営業)

年末年始(12月29日~1月3日まで)

施設点検日等

※1月~3月は第4火曜日も休館

※7・8月は無休

利用料金 【デイタイム】
1時間200円、回数券(1時間×6枚綴り)1,000円

【ナイトタイム】
1時間300円、回数券(1時間×6枚綴り)1,500円

※ 障害がある方も利用可能

駐車場
なし
備考 ※小学生は保護者同伴

※乳幼児のプール利用は不可、ビニールプールの用意あり

市民プールである元町公園プールは、大人から子供まで夜も楽しめるプールです。

 

インスタ映えとは違いますが、大変リーズナブルに利用できるのでオススメです。

 

ただし、小さなお子さんには制限がありますので公式サイトで確認してくださいね。

 

市民プールとはいえ、外国文化が色濃く残る元町にあるので雰囲気も特徴的です。

帰りは近くの中華街で食事を楽しむというのもアリですね!

スポンサーリンク


横浜ナイトプール2018のまとめ

横浜ナイトプールについてまとめてみました。

  • 紫外線や熱中症のリスクを避けられる
  • 平日の仕事帰りでも行ける時間帯設定
  • 日中に比べると人が少ない
  • 子供も楽しめるプールやロケーションが抜群のプールなど、それぞれ特徴がある
  • インスタ映えするプールもある!

東京に比べるとまだまだ少ないですが、横浜ならではのロケーションでナイトプールを楽しめる魅力があります。

純粋に泳ぎを楽しんだり、贅沢なひとときを過ごしたり、今年の夏は是非ナイトプールで楽しんでくださいね!

ピックアップ関連コンテンツ
おすすめの記事